ダジック・アースとは

  地球や惑星についての科学を楽しんでもらうために、学校や科学館や家庭で、地球や惑星を立体的に表示するプロジェクトです。京都大学大学院理学研究科の地球科学輻合部可視化グループ(リーダー:齊藤昭則)が中心になって進めているダジック・プロジェクト(http://dagik.org)のサブ・プロジェクトです。

 

 機材の貸し出しも行っておりますので、興味がある方は info@dagik.org までお問い合わせ下さい。

直径1mのダジック・アース
直径1mのダジック・アース

システムは文部科学省の宇宙利用促進調整委託費(参画機関:京都大学[理学研究科、情報学研究科]、情報通信研究機構、国立科学博物館、静岡大学、静岡科学館:平成21-23年度)、宇宙科学技術推進調整委託費(参画機関:京都大学、情報通信研究機構、静岡大学、宇宙航空研究開発機構:平成25-27年度)の援助を受けて、将来の宇宙地球科学・宇宙開発に携わる人材育成を目的に開発されています。

仕組みは?

 球形のスクリーンに、PCプロジェクタで地球や惑星を投影します。通常のパソコンとPCプロジェクタを使うので手軽に立体的な地球と惑星の表示が出来ます。地球などの立体的な物を地図の様な平面で表示すると必ず形が歪みますが、立体で表示する事で正しい形で表す事が出来ます。マウス等のコントローラーで自由に回して見る事が出来ます。詳しくは「利用の様子」をご覧下さい。

 

 WindowsとMacで動く表示ソフトを提供していますので、教育目的には無料でご利用いただけます。また球形スクリーンなどのハードウェアの情報提供貸し出しもしています。ハードウェア、ソフトウェアともにオープンなシステムですので、小さいもの(直径8cm)から大きなもの(直径8m)まで、どこでも手軽に地球の立体展示がされる事を目標としています。

直径8cmのダジック・アース
直径8cmのダジック・アース
直径4mのダジック・アース
直径4mのダジック・アース

これまでの実施場所

ダジック・アースによる展示と授業の一覧はこちら

今後の展示予定はこちら

サイト内検索 (search)

Google


Dagik Earth Web を検索
WWW を検索

おすすめコンテンツ (Popular Contents)

最近数日間の雲と雨の分布 (Rainfall and clouds)

 地磁気異常の分布 (Geomagnetic anomaly)

海面温度の年ごとの変化 (Year-to-year variation of the sea surface temperature)