ダジック・グローブ:手作り地球儀

2000年2月8日からあとのどの日でも、その日の雲と地震とプラズマが描かれた地球儀を作ることが出来ます。

 

(地表面の画像はNASA bluemarbleによる2004年の各月の画像を使っています。)

 

材料

  • 直径8cmの発泡スチロール等の球(40円-100円程度)
  • (のり付けを省略するならば、ラベル用紙(1枚50円程度))

 

作り方

  1. 型紙(4.5Mbyte)を選んで、ダウンロードして、
  2. プリンターで印刷して、(サイズを変えないように注意して下さい)
  3. 切り抜いて、
  4. 発泡スチロールなどの球に貼って下さい。

 

注意

プリンターの設定等によって、印刷の大きさがうまく合わない事があります。

試しの印刷をして、サイズを調整して下さい。

地球画像の横の長さが25.1cmになれば、直径8cmの球にあう大きさです。

 

型紙

 

  • 旧バージョン:
  • 2016年8月のMaker Faire Tokyo 2016で使った短冊状の地球儀シート(直径7.5cmの球にあう大きさ、発泡スチロールやガチャガチャの球)

 

サイト内検索 (search)

Google


Dagik Earth Web を検索
WWW を検索

おすすめコンテンツ (Popular Contents)

最近数日間の雲と雨の分布 (Rainfall and clouds)

 地磁気異常の分布 (Geomagnetic anomaly)

海面温度の年ごとの変化 (Year-to-year variation of the sea surface temperature)