ダジック・アースのソフトウェアについて

 

ダウンロード

コンテンツは「ダウンロード」のページにあります。各コンテンツの「画像」の所をクリックして、ファイルをダウンロードしてください。ファイルはWindows・Mac共通です。サイズが100Mbyte以上の物もありますのでご注意ください。

 

ファイルの解凍

コンテンツはzipで圧縮してあるので、クリックして解凍してください(「すべて展開」でファイルを展開してください」)。出来たフォルダの中にあるDagik_Earth.exeがWindows用の実行形式で、Dagik_Earth.appがMac用の実行形式です。

 

Dagik_Earth.exeの起動 (Windows用)

  1. ダジック・アースのコンテンツのフォルダ内にある「Dagik_Earth.exe」(アプリケーション)をダブルクリックして起動します。拡張子'.exe'は表示されないこともあります。
  2. 白いウィンドウが現れ、しばらくすると画像が表示されます。 数分かかる場合もあります。
  3. ウィンドウの右上の3つ並んでいるボタンのうち、真ん中のボタンを押してウィンドウを最大化してください。

Dagik_Earth.appの起動 (Mac用)

  1. ダジック・アースのコンテンツのフォルダ内にある「Dagik_Earth.app」(アプリケーション)をダブルクリックして起動します。拡張子'.app'は表示されないこともあります。
  2. しばらくすると画像が表示されます。数分かかる場合もあります。
  3. ウィンドウの左上の3つ並んでいるボタンのうち、右端のボタンを押してウィンドウを最大化してください。「f」キーで最大化をする事も出来ます。

 


「Dagik_Earth」のキーによる操作 (Windows・Mac共通)

    再生の開始・停止:「スペース」キー
    逆向き再生の開始・停止:「r」キー
        再生時は最初の画像で少し停止します(設定で変更できます)。

    再生速度を速く:「+」キー        再生速度を遅く:「-」キー

    1コマ送り:「a」キー            1コマ戻し:「b」キー
    10コマ送り:「A」キー            10コマ戻し:「B」キー
        最後あるいは最初の画像まで行くと止まる。

    最初の画面と視点に戻す:「i」キー  

    最初の画面にする:「I(大文字アイ)」キー    最後の画面にする:「J」キー
    北を上にする:「n」キー

 

    自転方向に回転させる・停止させる:「s」キー

    自転方向の回転を速くする:「>」キー  遅くする:「<」キー

 

    拡大する:「l(エル)」キー

    縮小する:「h」キー

 

「Dagik_Earth」の初期設定

 フォルダ内のdata/conf内のinit_conf.txtあるいはconf.txtで、初期設定が変更できます。

 変更可能な内容については、フォルダ内のdocs/README_JPN.txtをご覧下さい。

 

画像ファイルの置き場所

 表示される地球や惑星の画像はフォルダ内のdata/images/map/の中に置かれています。この画像がファイル名の番号順に表示されます。そのときの左側に出るキャプションも画像ファイルになっていてdata/images/screen/の中に置かれています。

 

独自コンテンツの作成

 上記の画像ファイルを置き換えると、独自の画像を表示する事が出来ます。例えば画像編集ソフトで、地球画像の上に文字を書き込んで、説明を地球の上に表示させる事も出来ます。

 

 

ckk (Chikyu Kuru Kuru)

 Chikyu Kuru Kuru(ckk)は愛媛大学の市川浩樹さんがDagik Teamと協力して作成された、地球画像表示ソフトウェアです。

 ダジック・アースのDagik_Earth.exeとDagik_Earth.appはckkを使っています。

 詳しくはこちら

 

 

Dagik Presen / Dagike Demo

京都大学の吉田大紀氏が作成した、Google Earthを使った発表や展示をする時に便利なアプリケーションです。詳しくはこちら

サイト内検索 (search)

Google


Dagik Earth Web を検索
WWW を検索

おすすめコンテンツ (Popular Contents)

最近数日間の雲と雨の分布 (Rainfall and clouds)

 地磁気異常の分布 (Geomagnetic anomaly)

海面温度の年ごとの変化 (Year-to-year variation of the sea surface temperature)