ダウンロード

「画像」の表示の仕方は「詳しい説明ーソフトウェア」をご覧下さい。

 

コンテンツの説明の暫定版がありますのでご参照下さい(作成中のため、

表示や記述に不備がある点をご了承下さい)。

 

マニュアル

 ダジック・アースの使い方や一部のコンテンツの説明が書かれています。(2015年7月版)

 

2015年7月版ダジック・アース・マニュアル
DagikEarth-manual_2015.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.7 MB

「ダジック・アース」ソフト

 

 

軽量版は、画質を低くするなどしてファイル容量やパソコンへの負荷を減らしたものです。一部、収録されていない画像があります。

 

zipでファイルをまとめてあります。特に「フル版収録zipファイル」のサイズば大きいのでご注意ください。

 

「ユーザー登録」をしていただくとDVD(2015年7月版)を郵送しますので、ご利用ください。

 

タブレットなどでのオフライン利用のためのHTML版パッケージ

タブレットやスマホにコピーして、Webブラウザで表示するHTML版のパッケージは、こちらのページからダウンロードして下さい。この方法のメリットは以下になります:

  • ネットワークに繋がっていない状態でも利用できる
  • コンテンツを毎回ダウンロードしないので表示が速い
  • コンテンツを自動的にランダムに切り替えて表示する機能がある
  • iPad, iPhoneやAndroid機器などいろいろなデバイスで使える


コンテンツのダウンロード

メニュープログラム(Windows用)

 コンテンツの一覧を表示して、実行できる「メニュー・プログラム」です。日本語の場合は「_ダジック・アース64bit.hta」(64bit Windows用)か、「_ダジック・アース.hta」を使ってください。新しいコンテンツをダウンロードして追加した場合に、使ってください。

 

 

コンテンツの一部紹介

*すべてのコンテンツはこちらからダウンロードできます。

 

地球・月・惑星

2012年5月金環日食時の月の影

 

2012年5月21日の金環日食の時の気象衛星の可視光画像です。撮影時刻が等間隔ではない点にご注意下さい。

作成:Dagik Team

画像提供:

 千葉大学環境リモートセンシング研究センターhttp://www.cr.chiba-u.jp/~4vl/

 

画像ダウンロード(76Mbyte)

 

地球と月と惑星

 

地球、地球の街灯り、月、火星、木星、イオ(木星の衛星)の画像です。

作成:Dagik Team

画像提供:NASA, NASA/JPL-Caltech. U.S. Geological Survey

 

画像ダウンロード (14Mbyte)

 

 

月の満ち欠け

 

1日毎に月が満ちて欠けていく様子です。地球から見た月の満ち欠けは、日が当たっている所が回転しているためである事が分かります。

作成:Dagik Team

月面画像提供:U.S. Geological Survey (一部変更)

 

画像ダウンロード (44Mbyte)

 

 

地球の昼と夜

 

季節による地球の昼と夜の場所の変化です。昼と夜の長さの変化や極夜・白夜の位置等を見る事が出来ます。

表示したあと「左矢印」キーで90度回転させると、教科書に載っているような地球の9月の位置の方向から眺めた表示になります。

作成:Dagik Team

地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)

 

3月の画像ダウンロード (40Mbyte)

6月の画像ダウンロード(40Mbyte)

9月の画像ダウンロード (40Mbyte)

12月の画像ダウンロード (40Mbyte)

 

地球表面の季節による変化

 

地球表面の1年間の変化です。2004年の各月の地球表面画像です。


作成:Dagik Team
地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)

 

画像ダウンロード(8Mbyte)

 

 

森林の分布


衛星「だいち(ALOS)」搭載のPALSARによる2009年の全球森林・非森林分類図です。


作成:Dagik Team
データ解析:JAXA http://www.jaxa.jp/projects/sat/alos
ALOS/PALSARデータのCopyrightはJAXA/METIにあります。


低分解能画像のダウンロード
(2.3Mbyte)
高分解能画像のダウンロード (4Mbyte)

 

 

ジオ・スペース

宇宙からみたオーロラ

 

IMAGE衛星によって観測されたオーロラの様子です。地上から見るとカーテンのような形のオーロラは、宇宙から見ると北極・南極を取り囲む輪のようになっている事が見えます。

 

 データ提供:SSL, University of California, Berkeley
http://sprg.ssl.berkeley.edu/image/.

地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)

 

画像ダウンロード (245Mbyte)

 

 

 

地震による電離圏の変動

 

2011年3月11日の地震による電離圏 (高度300km付近) プラズマの変動です。国土地理院のGPS受信機網GEONETによって観測されました。

 

プラズマ・データ提供:全電子数データベースhttp://stegps.kugi.kyoto-u.ac.jp/
地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)


画像のダウンロード (163Mbyte)

 

 

気象・海洋

最近の雲と雨の分布

 

最近の雲と雨の分布です。


作成:Dagik Team
雲・降水量画像提供:JAXA/EORC http://sharaku.eorc.jaxa.jp/GSMaP
地表画像:ADEOS-II/GLIとNASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marbleの合成画像


最近4日間の1時間毎の画像:画像ダウンロード  (約55Mbyte)
最近11日間の6時間毎の画像:画像ダウンロード (約30Mbyte)

 

 

日本へ来る台風の動き(2013年10月)

 

日本に上陸した台風の発生から消滅までの動きです。東から西に動いていた台風が、北に進むと西から東へ向きを変える所が見えます。

作成:Dagik Team 

データ提供:雲画像はTRMMプロジェクトによるNCEP/CPC 4km Global IRデータを用いて作成しています。このデータの表示はTRMMプロジェクトへのサポートを通じてNOAA GPCPとNASAによる援助を受けています。
地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)

 

画像ダウンロード (126Mbyte)

 

日本へ来る台風の動き(2012年8月)


日本に来た台風の発生から消滅までの動きです。東から西に動いていた台風が、北に進むと西から東へ向きを変える所が見えます。

 

作成:Dagik Team
データ提供:雲画像はTRMMプロジェクトによるNCEP/CPC 4km Global IRデータを用いて作成しています。このデータの表示はTRMMプロジェクトへのサポートを通じてNOAA GPCPとNASAによる援助を受けています。

地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)


画像ダウンロード (158Mbyte)

南半球のサイクロンの動き

 

2013年12月の南半球のサイクロンの動きです。北半球との渦の向きが逆になっています。

 

作成:Dagik Team 

データ提供:雲画像はTRMMプロジェクトによるNCEP/CPC 4km Global IRデータを用いて作成しています。このデータの表示はTRMMプロジェクトへのサポートを通じてNOAA GPCPとNASAによる援助を受けています。
地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更) 

 

画像ダウンロード (112Mbyte)

 

 

 

1年間の雲の動き


2013年1年間の毎日(日本時間9時)の雲の画像です。


作成:Dagik Team
データ提供:雲画像はTRMMプロジェクトによるNCEP/CPC 4km Global IRデータを用いて作成しています。このデータの表示はTRMMプロジェクトへのサポートを通じてNOAA GPCPとNASAによる援助を受けています。
地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)


画像ダウンロード (240Mbyte)

 

 

季節毎の雲の動き

 

季節毎の雲の動きです。春、梅雨、夏、冬それぞれ1週間分を表示します。

作成:Dagik Team 

データ提供:雲画像はTRMMプロジェクトによるNCEP/CPC 4km Global IRデータを用いて作成しています。このデータの表示はTRMMプロジェクトへのサポートを通じてNOAA GPCPとNASAによる援助を受けています。
地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)

 

  春(2013年4月2日ー8日)(101Mbyte)

  梅雨(2012年7月10日ー16日)(100Mbyte)

  夏(2013年8月10日ー16日)(100Mbyte)

  冬(2011年1月14日ー20日)(97Mbyte)

 

 

台風・ハリケーン・サイクロンの発生場所と海面温度

 

1980年から2007年までの全世界での台風・ハリケーン・サイクロンの発生場所と海面の温度です。海面の温度が低いところでは台風等が発生しない事が分かります。

 

作成:Dagik Team 

海面温度データ提供:NOAA National Climatic Data
台風経路データ:World Data Center for Meteorology, Asheville

地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)

 

画像ダウンロード (214Mbyte)

 

 

 

 

海面温度の年ごとの変化 


1980年から2007年の毎年12月の海面の温度です。ペルー沖の海面温度が高い時がエルニーニョ、低い時がラニーニャです。


作成:Dagik Team
海面温度データ提供:NOAA National Climatic Data
地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)


画像ダウンロード (20Mbyte)

 

 

2002年-2003年のオゾンの分布

 

人工衛星で観測した2002年から2003年のオゾンの分布です。南極の上でオゾンホールが発生して、消えて行きます。

 

作成:Dagik Team 

オゾンデータ:NASAのTOMSとOMIによる観測

http://toms.gsfc.nasa.gov/

地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)

 

画像ダウンロード (352Mbyte)

 

 

北極上空のオゾンホール

 

人工衛星で観測した2010年2月ー4月と、2011年2月ー4月のオゾンの分布です。2011年3月の後半には北極上空でオゾンホールが発達しています。

 

作成:DagikTeam 

オゾンデータ:NASAのTOMSとOMIによる観測

http://toms.gsfc.nasa.gov/

地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)

 

画像ダウンロード(2年 連続表示) (140Mbyte)

 

 

地殻・地球内部

2011年3月11日の地震による地表面の水平方向の移動


国土地理院GPS受信機網GEONETによる観測データを京都大学加納将行らが解析したものです。
時刻は日本時間を表示しています。


作成:Dagik Team
  作図にGeneric Mapping Tool[Wessel and Smith,1998 ]を使用しています。
地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)

協力:風間卓仁


画像ダウンロード(220Mbyte)

 

 

1900年から2007年までの地震の分布 


作成:Dagik Team
 作図にGeneric Mapping Tool[Wessel and Smith,1998 ]を使用しています。
データ提供: Centennial Earthquake Catalog by the U.S. Geology Survey
 http://earthquake.usgs.gov/research/data/centennial.php

協力:風間卓仁


 画像ダウンロード(2.2Mbyte)

 

 

海底の形成年代と大陸の移動 


1億4千万年前から現代までの大陸の分布(白)と海底の形成年代(カラー)です。


作成:Dagik Team
データ提供:Earth Byteによって提供された“agegrid“  (Muller, R.D., Sdrolias, M., Gaina, C., Steinberger, B. and Heine, C., 2008, Science), “Palaeo-age grids of the world's ocean basins from 140-1 Ma”を使用しています。[http://www.earthbyte.org]

 

画像ダウンロード(51Mbyte)

 

 

地球の磁場の強さとその変化 


観測データを基にした経験モデル(IGRFモデル)による1900年から2020年(予測)までの地球の磁場の強さと、その10年間の変化の割合です。


作成:Dagik Team
地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)

 

画像ダウンロード:磁場の強さ(18Mbyte)
画像ダウンロード:磁場の変化の割合(16Mbyte)

 

 

地磁気異常の分布

 
観測データを基にした地磁気異常の分布(World Digital Magnetic Anomaly Map 2007)です。

 

作成:Dagik Team

データ:World Digital Magnetic Anomaly Map 2007

http://projects.gtk.fi/WDMAM/


画像ダウンロード(4Mbyte)

 

 

その他




地球の白地図

 

3種類の地球の白地図です。海岸線、緯度経度線、国境が描かれています。オリジナルコンテンツを作成する場合等にご利用ください。国境は2002年の物です。

 

作成:Dagik Team

 

 

画像ダウンロード (4.3Mbyte)

白地図を使った例(コーヒーの生産量) (3.8Mbyte) 


 

 

 

 

 

コンテンツ作成用サンプル 


コンテンツを自作するためのサンプルです。地表画像に緯度経度の線を引いてあります。


作成:Dagik Team
地表画像:NASA's Earth ObservatoryのNASA Blue Marble(海の色は変更)

 

画像ダウンロード(17Mbyte)

 

 

投影調整用テストパターン


球形スクリーン投影調整用のテストパターンです。球形スクリーン状に端の赤い線が2本見えるように調整して下さい。


作成:Dagik Team


画像ダウンロード (1.3Mbyte)

 

 

サイト内検索 (search)

Google


Dagik Earth Web を検索
WWW を検索

おすすめコンテンツ (Popular Contents)

最近数日間の雲と雨の分布 (Rainfall and clouds)

 地磁気異常の分布 (Geomagnetic anomaly)

海面温度の年ごとの変化 (Year-to-year variation of the sea surface temperature)